有機炭素農業普及総研

農業園芸

有機炭素散布量の目安

有機炭素の役割

有機炭素の使用例

堆肥
有機炭素水を飲んだ牛の堆肥はアンモニア臭がなく、木屑、藁、飼育残渣を混入し1ヶ月で熟成する。
土壌改良
有機炭素水を2〜3日熟成させ土壌散布。化学肥料を分解し、緑肥、堆肥などで1〜2ヶ月で自然土壌に変える。
生産物
0.16nm微粒子の有機炭素は植物内で酸素や水素と化合して、当分や糖分やセルロースに変化します。
有機炭素は還元力、抗菌力、成長力を助け、アンモニア分解 硝酸態分解作用も持つ。
有機炭素は→酵素→アミノ酸→蛋白質という成長の元となるもので、生産期間の短縮、生産量の増大、糖度アップ、腐りにくい作物作りに効果がある。